お知らせ

青年部会県立竹田支援学校へ集中豪雨被害見舞物品寄贈

 去る4月11日(木)、青年部会の穂積部会長と馬場副部会長が昨年7月の九州北部豪雨の際甚大な被害に見舞われた県立竹田支援学校を訪問し、見舞い物品(一部)を寄贈しました。今回の見舞い物品の寄贈は、当法人会青年部会と以前より交流のある宮城県の仙台中法人会青年部会をはじめ豊後大野法人会青年部会や臼杵地区法人会青年部会からいただいた見舞金をできるだけ有効に活用しようと協議して行いました。昨年度から小学部・中学部・高等部の先生方と何度も協議しながら、ホワイトボードや楽譜台等の教材をはじめ、掃除機や調理器具等の備品を揃えました。
 竹田支援学校は知的障害等の教育を対象とする特別支援学校の1つで、学習指導はもちろんのこと、児童・生徒が将来社会参加するために必要な様々な知識や技能の習得指導をはじめ、教育相談・進路相談に応じるとともに、地域の学校や社会と交流を持ちながら、相互理解の促進や共生社会の実現に努められています。
 訪問の際には、校長先生から「通学する児童・生徒はもちろんこと、各部の先生方も大変喜んでおられます。」と感謝のことばを頂戴しました。

(2013.04.23)