お知らせ

竹田市立城原小学校で租税教室を開催しました

 12月4日(木)市立城原小学校で租税教室を開催しました。6年生の児童2名が出席し、渡部哲明青年部会理事が租税教育用のDVDや資料をもとに、税金の役割やその重要性をクイズを交えながら講話するとともに、お金に関係することとして1億円のレプリカ体験も行いました。
 授業の中で、税金の使い道の1つとして「皆さんが使っている学校の教科書は?」と質問したところ、児童の方に「教科書の背表紙に税金が使われているときちんと書いてあります」と答えれられ、講師はもちろん同席した他の法人会青年部会員・事務局の方が「へえ!」と驚かされる場面もありました。

(2014.12.08)