お知らせ

市立都野小学校と市立荻小学校で租税教室を開催しました

 1月22日(木)と23日(金)に市立都野小学校と市立荻小学校で租税教室を開催しました。6年生の児童21名(都野8名、荻13名)が出席し、江上禎一青年部会副部会長が都野小学校、重松英青年部会副部会長が荻小学校でそれぞれ租税教育用のDVDや資料をもとに、税金の役割やその重要性をクイズを交えながら講話するとともに、お金に関係することとして1億円のレプリカ体験も行いました。
 青年部会の租税教室開催は今年度で4年目を迎えました。平成28年度には大分県代表として「南九州法人会青年の集い」で租税教育活動の事例発表を控えています。これまでに得た租税教育活動に関する知識と経験を生かし、27年度からその準備にとりかかります。

(2015.02.03)