お知らせ

市立都野小学校で租税教室を開催しました

1月24日(火)市立都野小学校で租税教室を開催しました。6年生の児童7名に対し、江上禎一青年部会長が租税教育用のDVDや資料をもとに、税金の種類やその役割・重要性を質問を投げかけながら講話するとともに、お金に関係することとして1億円のレプリカ体験も行い、終始楽しい授業風景でした。
 授業の最後には「東京オリンピックには税金が使われるんですか?」との質問が出され、児童の時事問題に対する関心の高さに驚かされました。

(2017.01.24)