お知らせ

「第33回法人会全国青年の集い大分大会」が開催されました

 11月7日(木)・8日(金)、iichiko総合文化センターグランシアタをメイン会場に「湧きあがれ!未来を動かす熱きパワー~「豊の国おおいた」からの第一歩~」をスローガンに標題の大会が開催され、全国約2500人の法人会青年部会員が参集しました。
 大会初日7日には国税局ごとに分けた11ブロックの代表単位会による租税教育活動プレゼンテーションが行われました。
 大会二日目8日には、早朝より全国の部会長による円卓会議「部会長サミット」が行われ、全法連青連協が現在積極的に取り組んでいる「財政健全化のための健康経営プロジェクト」について円卓ごとに議論され、その結果発表と講評が行われました。
 二日目午後からは、国税庁 重藤哲郎課税部長をはじめ地元自治体、友誼団体の代表をご来賓に迎え大会式典が開催されました。式典では、主催者挨拶・来賓祝辞の他、前日の租税教育活動プレゼンテーションの結果発表と表彰が行われ、竹田法人会が属する熊本国税局ブロックの代表である都城青年部会が見事最優秀賞を受賞しました。
 式典終了後には、女性ファッションモデルのアンミカ氏による記念講演「ポジティブ志向~健康な心と体で未来を動かす~」が開催され、健康な心と体でそれぞれの地域の未来を動かすリーダーとして前向きに考え行動する必要があると講話いただきました。
 全ての大会行事の終わりには大懇親会が開催され、大分ならではの郷土料理や地酒等を堪能しながら、全国から集まった青年部会メンバーが相互の交流や情報交換を行いました。
 

(2019.11.11)